Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【英語文法】#2 be動詞の現在形の文(その2)
0
     前回は主語とbe動詞の組み合わせを覚えていただきました。
    今回は、be動詞の後ろに来る語句を見ていきましょう。be動詞の後ろに来るのは主語の属性・状態やいる場所をあらわす語句です。これらは品詞でいうと、名詞、形容詞、副詞、前置詞句などです。


    ■名詞

    be動詞の後ろに数えられる名詞が来る場合は、主語の数に合わせて単数か複数にします。

       He is a good cook.
        (彼は料理がうまい/彼は優秀な調理師です)

       It is a beautiful day today.
        (今日は美しい日です)

       They are Americans.
        (彼らはアメリカ人です)

    形容詞

    形容詞には、名詞の前につけて名詞を修飾する(「赤い花」)限定用法と、be動詞などの後ろに来て主語を説明する(「花は赤い」)叙述用法の2種類があります。ほとんどの形容詞は両方の用法があるのでbe動詞の後ろに持ってくることができますが、限定用法のみ、叙述用法のみの形容詞もありますので、単語を覚えるときはこの区別を意識して覚えてください。また、人に使える形容詞と物・事柄に使える形容詞があるということにも注意してください(ノートPCのCMでImpossible?「不可能?」がI'm possibleに変わるというものがありましたが、possibleは人には使えない形容詞です)。

       You are so kind.
        (あなたはとても親切ですね)

       I am cold. Could you turn off the air conditioning?
        ([私は]寒いです。エアコンを止めていただけますか?)

       It is cold. I think it's going to snow tonight.
        ([気温が]寒いです。今夜は雪が降るのではないかと思います)

    副詞

    be動詞の後ろに来る副詞は、場所をあらわす副詞、すなわちhere、there、over here、over thereの4つぐらいです。

       He is here with us.
        (彼は私たちと一緒にここにいます)

       The swans are over there.
        (白鳥たちはあそこにいます)

    前置詞句

    前置詞句も場所をあらわすものがきます。

       She is from England.
        (彼女はイギリス出身です)

       The menu is on the table.
        (メニューはテーブルの上にあります)

    以上のほか、動詞の-ing形(現在進行形)や過去分詞(受動態)、that節、to不定詞が来ることもあります。これらについてもおいおい説明していきます。




       
       
     


    posted by: chinaxdanpa | 文法編 【英語】 | 16:00 | - | - | - | - |