Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【英語文法】#1 be動詞の現在形の文(その1)
0
    Hello!  もう11月! 今年も残りわずかですね!
    中国語や韓国語と違って、日本の中学・高校に通われた方であれば、
    英語の基礎はひと通り頭の片すみには入っているはず。
    ごくごく簡単なところから始めますが、復習のつもりで読んでくださいね。

    be動詞の現在形の文

    英語の動詞は大きく分けてbe動詞と一般動詞の2種類に分かれます。
    2種類に分かれるといっても、be動詞というのは1つの動詞の名前で、be動詞以外はすべて一般動詞です。

    be動詞は「Sは〜である」「Sは〜にいる」というように、主語の属性・状態やいる場所をあらわします。be動詞は主語とbe動詞の後ろにある語句を「=」(イコール)で結んでいる、と考えてください。

       The manager is off today.
        (支配人は本日、お休みをいただいております)

       I am the owner of this restaurant .
        (私がこの食堂のオーナーです)

       The stores are open until 9:00pm.
        (商店は午後9時まで開いています)

    上の例文の太字がbe動詞です。「be」とは似ても似つかない形になっていますね。be動詞は主語によって形が変わります。←と文法書には書いてありますが、本当のところは、まったく異なる語源のisとamとareが助動詞の後ろなどでbeという同じ形になるのでこれらをまとめてbe動詞と呼んでいるのです。

    それはともかくとして、主語別にbe動詞の現在形と過去形をまとめておきます。I am、We are・・・と主語と一緒に覚えてください。主語はすべて代名詞にしましたが、それぞれの代名詞に置き換えられる名詞はすべて同じbe動詞を使います。

      【主語】【現在形】【過去形】
    I(私は)  am  was
    We(私たちは)  are  were
    You(あなたは、あなたたちは)  are  were
    He(彼は)/She(彼女は)/It(それは)  is  was

    主語とbe動詞がくっついて次のように省略されることもあります。

    I am  →   I'm
    We are  →   We're
    You are  →   You're
    He is  →   He's
    She is  →   She's
    It is  →   It's
    They are  →   They're

    では、今日のところはこの辺で。
    See you next time!
    posted by: chinaxdanpa | 文法編 【英語】 | 11:00 | - | - | - | - |