Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
各国語で「がんばれ!」はどう訳す?
0
    先日、小学生向けに世界19カ国の概要と挨拶用語をまとめる仕事をしました。もともと子供向け国際理解教育には関心があったので、楽しく、時に苦しみならが仕事をさせていただきました。

    各国の概要については簡単そうだけど、何を取り上げるかにはかなり悩みました。我が家にいる小学生がどんな話題だったら関心を持つかを考え、意見を聞いたり。子どもの視点を反映させることができたかなと思っています。(子どもにもお母さんの仕事に関心を持ってもらえたのもよかったです!)

    挨拶用語の中には競技大会の応援のときに使う「がんばれ」があり、大変でした。つくづく日本語の「がんばれ」「がんばってください」の万能さ(=あいまいさ)を感じ、他の言語との違いを感じさせられました。

    19カ国の挨拶用語ですが、複数の国で使われている英語やドイツ語のほか、チェコ語、フランス語、イタリア語、ロシア語、スゥエーデン語、フィンランド語、ノルウエー語、ウクライナ語、ベラルーシ語、韓国語、中国語の13の言語をまとめました。

    どう考えても声援の「がんばれ」に相当する言葉がないという通訳者もあり喧々諤々。競技の内容、勝っているのか、負けているのかによっても表現は異なるそうです。スピードを競うものなら、「行け!」のような表現も使えるし、負けているなら「粘れ、へこたれるな」の表現も使えますよね。

    競技の声援はバレーボールやサッカーのワールドカップに見られるようなコールが一番ふさわしいのではないかと思いますが、いかがでしょう。

    改めて翻訳の難しさ(と同時に、そのような各言語の違いを知り翻訳者に伝える事の重要性)を感じました。




    posted by: chinaxdanpa | 外国文化アラカルト | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://danpa.chinax.jp/trackback/598932
    トラックバック