Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
食事のスタイル その2 【韓国】
0
    最近は、ドラマなどで、韓国の家庭の食事シーンを見る機会もありますが、食卓の「おかずの数」が多いな!と思われませんか?

    テレビだから、ドラマだから、でなく実際の生活でも確かに「皿数」は多いようです。

    キムチを始めとする「常備菜」が何品かあり、そのうえ多めに作ったおかずをまた少しづつ次にもまわして・・・とするので食卓は非常にバラェティ豊かです。

    町の食堂で注文しても、この「常備菜」は何品か必ず「サービス」で出てくるので、なんだか得した気分になります。

    ・・逆に日本のレストランなどは、韓国の方にとって注文した料理だけで「少し淋しい」感じがするのは仕方ないことでしょう。

    「食文化」そのものの違いも大きいようです。

    「キムチ」や「ビビンバ」に代表される韓国の料理は、基本的に「混ぜる食文化」。

    たくさんの食材や薬念(ヤンニョム)と呼ぶ薬味(にんにく、しょうが、ねぎなど)の数々を入れ互いのうまみを引き出しあう食べ方。

    対して日本は、刺身やてんぷらなど「ひとつひとつの素材のおいしさを生かす食文化」と言えるのでは?!

    漬物ひとつにしても、「キムチ」に比べればできるだけその野菜自体のおいしさを生かすようなシンプルな「味」ではないでしょうか?

    「ご飯におかず、汁物」という基本は同じでも、「食べかた」はこんなにも違う。それが「味の違い」につながるのは当然なのでしょうね。私としては一番得意の「煮物」が一番韓国人には「受けない」のが残念です。「砂糖+醤油」の味は、気づかされましたが「日本の味」なのですね。

    「韓国語と日本語」が異なった言語ながらも共通点がたくさんあるように、「食文化」も相違点と共通点を楽しんでもらえたら、それこそ本当の「もてなし」につながるのではないでしょうか。

    にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
    posted by: chinaxdanpa | 外国文化アラカルト | 21:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://danpa.chinax.jp/trackback/555839
    トラックバック