Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
食事のスタイル 【韓国】
0
    日本と韓国、似ていて違う文化。
    なかでも、韓国の人と食事をする時にそのマナーの違いを一番はっきり感じることと思います。
    一般的に一番最初に違和感を感じるのは、
    「茶碗をもたないで食べる」ことではないでしょうか・・・。

    日本では「犬食い」などと言われ、いけないマナーとされていますが、韓国ではこちらが正当! 
    韓国のお宅にお邪魔したとき、“郷に入りては郷に従え”で私もやってみましたが、慣れないのでぽろっとこぼしたり、やたら時間がかかってしまったものです。

    そこで、「スッカラ」(スプーン)の登場!「ご飯はスプーンで食べる、おかずははしでたべる」のが基本だそうです。

    茶碗を置いたまま食べるにはこちらが好都合ですものね。しかし最近では、このマナーを守らない・・・というか、特にこだわらない人も増えているようで、食堂などで周りの人の食べ方をながめると、ご飯もはしで食べている人を多く見かけるようになりました。

    次にびっくりするのが、「スープの飲み方」でしょうか?
    大きめの(人数分入る)お鉢のような深皿に皆の分のスープが注がれていて、そこから各々が自分のスプーンで掬って飲むのです。

    日本で「鍋物」を皆が小皿にとって食べるところを、「小皿」を省略して直接スプーンを入れる、という感じです。「直箸」ならぬ「直スプーン」と言ったところです。

    最初、正直この習慣は抵抗感がありました。「箸」より「スプーン」は口に接着する面が大きいような気がして・・・さっき出会ったばかりの他人と「スープでスプーン洗いっこ」している感覚で^^;

    でも慣れてくれば、本当に「皆で分け合って食べてる」というなかの「仲間にいれてもらった」という実感がすごく沸いてくるのです。韓国にも「同じ釜の飯を分け合った仲」ということわざがあるそうですが、きっと日本よりもより親密な関係をいうのではないかと想像できるのです。

    一見「ご飯、汁物、おかず」という共通の食文化ですが、食べ方ひとつでもこんなに違いはあります。

    逆に私たちが当然と思っている「食事の出し方」も、韓国の人から見れば「驚きの連続」になるかもしれません。

    おもてなしする時は、ちょっとでも説明を加えられたらより食事が楽しめるのではないでしょうか。
    posted by: chinaxdanpa | 外国文化アラカルト | 15:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://danpa.chinax.jp/trackback/522374
    トラックバック